ロゴ

任意整理の特徴

任意整理は話し合いで進めることができ、破産手続きに比べると容易な手続きとなっています。そのため、破産を選択するよりもまずは任意整理の手続きを行ない問題を解決していくと良いでしょう。

自己破産と過払い金請求の違いについて

債務を免除してもらう手続き

自己破産は抱えている借金の返済が出来ないときに、裁判所に申請をして債務を免除してもらう手続きのことを言います。免責が許可されますと、全ての債務の返済をする必要が無くなります。

払いすぎた利息を返してもらう手続き

過払い金請求は払いすぎた利息の返還手続きのことを言います。改正貸金業法で定められた範囲を超える利息の支払いをしていた場合に限り適用されますので、手続きを行えば結果として借金を減額することが出来ます。

債務整理の相談なら弁護士へ依頼

債務整理は自力で行うことも出来ますが、専門的な知識が無いので手続きに苦労することが考えられます。そのため、専門的な知識を豊富に持っている弁護士に相談をしたほうが安心に手続きを進められます。

任意整理の手続きの流れ

相談

無料相談をして契約

任意整理は、事前に弁護士と相談をして金額や期間、必要な書類などの話を行います。また、弁護士との相性もありますので、無料相談を活用して見極めましょう。相談の結果納得がいけば契約を行います。

受任通知の送付・取引履歴の開示請求

任意整理を行うことが決定した場合、債権者に対して受任通知を送付します。これによって債権者からの取立てが全て停止されます。そして、同時に取引履歴の開示を請求します。

引き直し計算を行う

取引履歴の開示を受けたら、それを元にして引き直し計算を行います。場合によっては過払い金が発生していることもあるでしょう。業者によって取引開示までの時間は異なり、遅いところですと2ヶ月程度掛かる場合もあります。

過払い金の返還請求

過払い金が生じていた場合は過払い金請求を行うのですが、その費用は全額自分の手元に戻ってくるというわけではありません。弁護士費用を差し引いて個人再生などの手続き費用に充てられます。

和解契約を行い返済

債権者との話し合いを行い和解契約を成立させます。その後は、和解契約に基づき返済を行っていきます。交渉次第では特定調停手続きを行う場合もあります。

過払い金請求のことなら弁護士相談が得策【依頼の流れをチェック】

男性

過払い金が発生する条件とは

過払い金になる内容として、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる額で取引をしていた場合、それが過払い金となります。自身で多くの借金を抱えていてもグレーゾーン金利に該当しない場合は過払い金にはならないので事前に把握しておくと良いでしょう。過払い金が発生しているかどうかは弁護士に相談をすれば調べることが出来ます。

相談

過払い金請求を成功させるコツ

過払い金請求を成功させるためには、まず借金が全く無い状態かどうかを確認してください。特にクレジットカードの場合ですと、ショッピング枠かキャッシング枠のどちらかが支払い残っている場合ですと、過払い金を充てられてしまう可能性があります。また、借金が残っている状態ですと債務整理扱いとなりますので信用情報に登録される可能性があります。